The History Hour

ドラマの感想や幻想水滸伝のプレイ日記が中心。推しを愛でるのが目的なのでネタバレ満載です☆

【ゲーム】幻想水滸伝2:★再プレイ日記4★お喋り剣とロリコン親父が登場!(サウスウィンドゥ~ノースウインドゥ)

さて、前回の続きでサウスウィンドゥに到着したところから。

まずは街をぐるりと一周。出入口付近でクライブめっけ。

まだ仲間にならないのか~。他にもアダリーとガンテツを見つけたが、会話をするだけで終わってしまう。サウスウィンドゥにいる人達はまだ仲間にできないんだね。よし、市庁舎へ向かおう。

市長のグランマイヤーからノースウインドゥの化け物退治を頼まれて、ビクトールはちょっと乗り気じゃない感じ。まあ当たり前か。壊滅した故郷を見たくはないよな。

ここでフリード・Yが仲間になった。ノースウィンドゥへはナナミとアイリも一緒に行くことに。

フリックはリィナにつかまってパーティからはずれちゃったよ。ようやく一緒に戦えると思ったのに~。ああでも、そういやこんな展開だったなと思い出す。

しかしここでもまだフリックをパーティに入れられないとなると、2主達にレベルがおいていかれちゃうんだけど。別にあとからでもすぐにレベルは追いつくからいいんだけど、フリックにはいつでも2主の頼れるお兄さんでいてほしい。

ビクトールの過去の話を聞くのはつらい。ノースウィンドゥがめっちゃ荒れ果てていて、このお墓をビクトールが一人でたてたのかと思うとホントにつらい。

このあとここが本拠地になるけど、一度は壊滅して放置された故郷がどんどん復興していく様を見て、きっとビクトールは救われただろうなと思う。それだけで幻水2があってよかったねビクトールって気持ちになるよ。

そこへネクロードが登場。ノースウィンドゥの化け物騒ぎはネクロードの仕業だったことが判明。そうなんだよな、こいつ生きてるんだよな。前作で実は死んでなかったんだよな。

相変わらずロリコン丸出しのネクロード。ここはカッコよく「そんなことさせない」を選んだら、強制的にネクロード戦になった。でもビクトールの武器が星辰剣じゃないから、どうせ負けイベントだろと思って回復せずに戦う。ナナミとアイリがまず戦闘不能に。次ターンで全員が戦闘不能になって終わりかなと思ったら、敵から攻撃を受ける前に戦闘が強制終了になった。えええぇぇ~、これ、数ターンもちこたえればいいパターンのやつか! しまった~。ナナミとアイリが戦闘不能状態で終わっちゃったよ。別にこの戦闘では経験値が入らなかったし、問題ないっちゃあないんだけど、なんか気持ち的に罪悪感が。ナナミとアイリに申し訳ない気持ちでいっぱいだ~。

というわけで、ネクロードをやっつけるための武器・星辰剣を取りに風の洞窟へ行くことになった。ここの会話の選択肢は「勝手に決めないでよ」を選びたかったんだけど、ウチの2主にそんな度胸はなかった。

風の洞窟の中をどんどん進んで行くと、怪しげな暗がりにカーンを発見。

あんた、いつからそこで待ってたんだ。こんなところで待たないで、入り口で待ってろよ。ビクトールがいつ来るかもわからないのに、ずっとここで野宿してたんだろうかとか、いろんな疑問が頭の中を渦巻く。

これ「ダメだい」を選んだらどうなるんだろうか? とっても選んでみたかったけど、万が一にも仲間にならなくてまた風の洞窟を一からやり直すことになったら面倒なので素直に「いいよ」にしておいた。まあ、ここでカーンが仲間にならないルートはないとは思うんだけど。

カーンを仲間に加えて星辰剣のところへ到着。

ビクトールの不用意な発言のせいで星辰剣が怒って戦闘開始。そういえば前作でもビクトールが不用意に星辰剣に近づいて過去に飛ばされたっけ。頼むぜ、ビクトール~。

まずはナナミの水の紋章で魔法バリアを張り、カーンの破魔の紋章Lv3とアイリの火の紋章Lv3を使って最大火力でぶったたく! その後はアイリは魔法攻撃、ビクトールとフリードとカーンは物理攻撃、姉弟は物理攻撃と回復を繰り返して攻めていく。今作では紋章による回復力はキャラの魔力によって変わるんだね。前作では誰が使用しても同じ回復力だったもんな。魔力によって変わる仕様はいいな。そうか、魔法バリアは毎回きくというわけじゃないんだ。ターンごとにバリアを張るキャラがいたりいなかったりで、いつ誰にバリアが張られるかわからないのでビミョーに使い勝手が悪い。

星辰剣は1ターンで2回攻撃してくるから、全体魔法攻撃が2回続くとけっこう厳しい感じだな。こまめに回復を挟みつつ、こちらの魔法が尽きる前に撃破。苦戦するほどではないけれど、倒すのにそこそこ時間がかかった。当然だけど前作よりもボス戦の難易度が上がってるな~。

よし、星辰剣の機嫌も直ったし、ノースウィンドゥに戻るぞ~!!

ノースウィンドゥのダンジョンは、なんかエンカウント率が低い? あまり敵に遭遇することもなく最深部に到着。ということは、レベルは足りてるってことなのかな?

ネクロードのやつ、前作ではビクトールのことなんか知らねえよって言ってたくせに、よくディジーの名前を覚えてたな。前作で負けたのが悔しくて、必死になって記憶をほじくり返したんだろうか。

まあビクトールならそんな手に引っかからないとは思ったけど、まさかディジーの首を吹っ飛ばすとは思わなかったのでちょっとビビった。いや、斬るとは思ったけどね。斬るとは思ったけど、まさか首が吹っ飛ぶとはね。けっこう思い切りよくいったよな。

ここも「気安くよぶな」を選びたかったんだけど、ナナミの好感度が下がったら嫌だなあと思って選べなかった。あまり詳しくは知らないんだけど、今作は好感度の隠しパラメーターがあるらしいんで。

そんな姑息な手段で星辰剣を手に入れられると思っていたおまえの考えが甘すぎるだろ。ネクロードが逃げ出して、代わりに物凄く不気味な化け物と戦闘開始!

こいつ不気味すぎる。単体攻撃の時に手足を動かしてにじり寄って来るんだけど、その時の動きが本当に不気味すぎる。

ここはアンデッドに有効なカーンの破魔の紋章を最大限に有効活用し、アイリの火の紋章も使って攻撃。2主とナナミは回復に専念。ビクトールとフリードの物理攻撃も加わって撃破。ヘカトンケイルは魔法攻撃がやっかいだったけど、物理攻撃はそれほどでもなかった。

ビクトール~~~~~~(泣)。

つらいなあ。いつか必ず一緒にネクロードの野郎をぶっ倒そうぜ!

なんとなくカーンはメンバーから外れる予感がしたので、直前に装備は剥いでおきました☆

サウスウィンドゥへ帰ろうとしたところでフリックが仲間と一緒に登場。

マジか。サウスウィンドゥが落ちたのか~。この展開はすっかり忘れてた! 落ちるのはミューズまでだと思ってた。湖を渡ってこっちにまできやがったか!

市長のグランマイヤーはソロン・ジーの手にかかってお亡くなりに。フリックは女性と子ども連れのため正体がバレずに逃げ出せたそうだけど、そんな青い格好をしてたらすぐに正体バレそうなもんだけどな(笑)。

いったい何があったのかめっちゃ気になるんだけど!

ここのフリック、幻水1の頃をほうふつとさせて可愛いな♪ 今作ではすっかり落ち着いちゃっててそれはそれでカッコイイんだけど、やはり幻水1の頃の青いフリックが好きなんだよな~。

万事休すの状態でどうするどうするとなっているところへ2主が一言。

選んだのは「逃げよう」じゃなくて「何か方法があるはずだよ」のほうだよ。ちょっとリーダーの器があるっぽいところを見せてみる。

2主の言葉に奮起して?アップルから提案。

次回はラダトの町へシュウを迎えに行くところから。

その前に本拠地をぐるりと一周してみるかな~。